スクールメイト時代


だんだんクルスちゃんに対してこじれた気持ちと認識を抱き始めてる自覚がある